MENU
ビジネス研究

【図解付き】VTuberとは?動画マーケティングの未来を解説!

(この記事は2018/12/10に更新しました)
おなやみのトラ
おなやみのトラ
最近話題のVTuberってなに? 大手企業が参入している理由は? どうやったら作れるの?
そんな疑問を持った方に向けて、この記事を書きました。
この記事を読めば分かること

  • VTuberとは何か
  • VTuberのビジネスモデル(図解付き)
  • VTuber事業の将来性(儲けれられるのか)

VTuber事業にはかなり将来性があります。 動画ビジネスの1つの形態として需要のある分野です。
VTuberになりたいトラ
VTuberになりたいトラ
まずはこの記事を読んでVTuberについて学んでみよう!

VTuberとは?

VTuberとはバーチャルYouTuberの略称です。 3Dアバター(仮想キャラクター)によるYouTube動画配信のことを指しています。 現実では不可能な動きや声優の演技などが特徴です。 2017年頃から人気に火が付きました。

新たなマーケティング手法として注目を浴びるVTuber

2017~2018年にかけて大手企業がマーケティング手法としてVTuberに注目しています。 企業は、広告塔として”芸能人”ではなく”VTuber”を起用しているのです。 その理由をVTuberのビジネスモデルから紐解いてみます。

VTuberのビジネスモデル(図解します)

ビジネスモデル図解ツールキットを使い、VTuberのビジネスモデルを分析しました。
VTuberのビジネスモデル図解
VTuberのビジネスモデル

  • VTuberという広告塔を使って動画視聴者をファン化
  • 自社商品やVTuber関連商品の宣伝
  • VTuberへの投げ銭による収入
  • YouTube動画配信によるGoogle広告収入

VTuber事業の将来性

 

大手企業がVTuberを起用するメリット

大手企業のVTuberの例で言えば、ロート製薬の根羽清ココロ(ねばせいこころ)が有名です。
なぜ企業は広告塔としてVTuberを起用するのでしょうか? 芸能人を起用することに比べてメリットと具体例を3つ挙げます。

メリット① 企業イメージに合わせたキャラクターを自由に作成可能

3Dアバターのデザインやキャラクター設定は自由に作ることができます。 企業イメージや企業カラーに合った芸能人を探す必要はありません。

メリット② スキャンダルによるイメージダウンリスクが低い

芸能人が「事故/事件を起こした」「不倫が発覚した」という理由でCMや広告から降ろされる事例にはキリがありませんね。 少し古い話になりますが、ベッキーさんの不倫報道が良い例です。 清純派のキャラクターであったからこそインパクトは大きく、CMでは見かけなくなりました。 当時ベッキーさんを起用していた企業はCMの再作成を余儀なくされました。 一方、VTuberの場合はスキャンダルリスクの発生率が極めて低いです。 さらに、リスクマネジメントにコストを掛ける必要がありません

メリット③ キャラクター設定からストーリー展開が可能

VTuberはキャラクター設定から商品を絡めてストーリーを展開できます。 現代人の購買理由はもはや「安いから」「品質が良いから」という単純なものではありません。 「◯◯が宣伝していたから」「この商品開発には△△な裏話があるから」というストーリーから生まれる購買衝動がヒットにつながります。 根羽清ココロを例にします。 「悩み:ドライアイ(目の乾き)に乾燥肌。夜更かしをやめられない。」という設定から、キャラクターの悩みに関連した商品の紹介が可能です。 また、根羽清オトという弟がいる設定から、「ロート製薬は男性用化粧品も製造/販売している」というプロモーションにつなげています

VTuber事業の将来性

VTuberの認知度は過去半年で急増しており、特に若い世代である10代男性の認知度は70%を超えています。 「Cyber V」が2018年8月に発表した調査結果より 認知度と比例してVTuberの数が増加したことで、『バーチャルYouTuber名鑑』という書籍が2018年に発売されました。 そして今や、企業だけでなく個人制作によるVTuberも多く存在します。 「VTuberが副業になる時代」が来ているのです。 その理由は、VTuber制作に欠かせないモーションキャプチャや3Dモデリングといった技術が世間に広く普及したからですね。 VTuber事業はまだまだブルーオーシャンです。 2020年に訪れる通信革命により“5Gの時代”がくるので、動画市場全体はますます伸びていきます。 動画市場に参入したいと思うなら、編集者箕輪厚介が世に送り出した明石ガクト著『動画2.0 VISUAL STORY TELLING』は必読です。 動画2.0時代とは? 動画2.0時代にウケる動画とは? 動画制作のコツは? などがよくまとまっている一冊です。
記事のまとめ

  • 企業がVTuberを広告に起用する理由はリスクが少ないから
  • 企業がVTuberを広告に起用する理由は自社ブランディングしやすいから
  • VTuber事業は今後2~3年の間に伸びる
  • VTuberは個人の副業にもなる